トリコ コム デ ギャルソンとは

ここでは、私自身が一番好きな「トリコ コム デ ギャルソン」について書こうと思う。
渡辺淳一氏がデザイナーとして発足したブランドであり、その後、栗原たお氏が受け継いでいる。


「コム デ ギャルソン」に比べると、よりカジュアルにデザインされているように思う。
また、大元の黒を基調としたベージックラインとは対象的に、原色を用いた明るい色合いが多い。

「コム デ ギャルソン」との色の違いに衝撃を受けたが、共通点があることに気づいた。
それは、やはり「黒」を基調としたデザインであることだ。

・・・?は?と言われるかもしれないが、これは全くの私個人の意見だが、「トリコ コム デギャルソン」の明るい配色は「コム デ ギャルソン」の黒にとてもよく合う。
というか、私が「美しい」と思う配色である。


続きを読む

コム デ ギャルソンの価値

これまで度々書いているが、ブランドとは「高価」なもの。
そして、「コム デ ギャルソン」もそういったブランドのひとつだ。


冒頭にも書いているが、ブランドには人を惑わせるチカラがある。
他人が手にしているのを見れば「いいな」と思うし、「プレゼントでもらった」と聞けば、腹わたが煮えくりかえるくらいの「妬み」もうまれる。

生活費を削ってでも手に入れたいと思う人々、そして、ブランドとはいえ商品。モノがより多くの人に届くように、インターネットでの販売をしているブランドも数多くある。
しかし、「コム デ ギャルソン」は公式ホームページを持たないようで、それもひとつのこだわりであり、格好良さであると私は思う。


本来、洋服というのは自分の目で見て、触って、試着して購入するものだ。
続きを読む

これからのコム デ ギャルソン

「コム デ ギャルソン」について考えてみて、思ったこと。
それは、ファッション雑誌に踊らされ、「流行」に敏感な人ほど、本当は「センスがいい人」とはほど遠いのかもしれない、ということ。
(となると、冒頭の私なんて、本当に本当にセンスがない・・・)

センスの無い人達に一時的に選ばれ、「過去」のものとして扱われたブランドと、昔から変わらず「好きなもの」を見極めるチカラのあるセンスのある人達に指示され続けるブランド。

これからもファッションブランドは「流行」というコトバに踊らせれ、発展していくものとそうでないものにわかれていくことだろう。
自分を信じている人達に愛されるブランド、それが本当のブランドというものだ。

これからも「コム デ ギャルソン」とはそういうブランドであり続けるのだろう。

そして、私もいつか自分へのご褒美として「コム デ ギャルソン」の服を手に入れたいと思う。

続きを読む

コム デ ギャルソンとは

では、「コム デ ギャルソン」とは一体どういったブランドなのだろう?
私なりに解剖してみようと思う。

レディースのベーシックラインを中心とした「コム デ ギャルソン」であるが、「黒」をふんだんに使用していることから、発足当初は不評の声もあったようだ。今の時代は「個性」が認められつつあるが、発足当初(’69年頃)は際立ったものが敬遠される傾向にあり、しかも「不吉」とされる「黒」が多かった為であると見られる。
しかし、今迄にない斬新なデザインは、世界的に高く評価され、外国にもファンができるくらいに成長した。

そして、今、「コム デ ギャルソン」はいくつかのブランドを立ち上げている。

続きを読む

美しいものを見極めるセンス

「センスがいい」と人々はよく口にするが、そもそも「センスがいい人」とはどういう人なのか。

「あの人はセンスがいいよね」と恥ずかしげもなく口にする人がいうが、「じゃあ、あなたはセンスを見極められる目を持っているのか!?」と私は言いたい。
自分の視点で物事を、その人を判断できるのか、と。

同じ人間なんてこの世には一人もいない。
似ている人はいても、皆、どこか自分だけの「オリジナリティ」を持っているもの。
考え方も、好きなものも、嫌いなものも、皆違う。
だからこそ、似合うものも人それぞれだ。
だからこそ、この世の中に多くのファッションブランドが存在するのだ。

そして、それは皆、個人で見つけていかなくてはいけないものだ。

誰に教えられるでもなく、すすめられるでもなく、自分だけのアンテナにヒットしたものを自覚していくことが大切である。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。